皆さんおはようございます。
本日もアイクをご覧いただきありがとうございます。
お正月の休み明けでなかなか身の入らない方も多いかと思います。五月病のようなものですが、心機一転、日常のペースを取り戻していきましょう。
融資ご希望のお客様は申し込みページよりお申込みをお願いいたします。
本日は金曜日になりますので、14時以降は翌営業日の月曜日の融資となります。お急ぎの方は本日13時半までにお申込み頂くようお願いします。
アイクは連絡方法はLINEでのやり取りですが、初めての方にも安心してご利用頂けるように丁寧な接客を心がけ対応させて頂きます。
最近は闇金のホームページらしからぬ、イベントの紹介のような新着も増えてきましたが、季節感を感じられていいかなと思いますので本日は節分について紹介していこうかと思います。

節分にすることと言えば?

節分
節分は2月3日になります。
そもそも節分とは【季節を分ける】【季節の節目】という意味があり、四季があるので【立春、立夏、立秋、立冬】と年に4回あったとされています。その中でも立春は1年の最初にあたるので4つの中でも重要とされていて、その名残で今では2月の3日を節分と呼びます。
簡単に節分の意味としては季節の境目には邪気が入ってきやすいとして鬼(邪気)を払って、福を呼ぶのが目的とされ、中国で行われていた邪気払いの儀式が奈良時代であった日本に伝わり平安時代には宮中の行事として取り入れられ、現代のような豆まきのスタイルに変化したものが江戸時代に庶民に広まり、現代でも尚豆まきとしてその風習が残ったそうです。
節分は豆まきだけではなく、その年の良いとされる方角を向いて一人一本食べる恵方巻や鰯の頭をヒイラギの枝にさして玄関に飾るような風習もありますのでひとつずつ紹介していきたいと思います。

恵方巻

恵方巻とは恵方(その年の良いとされる方角)を向いて、海苔巻きを1本切らずに(縁が切れないように)願い事をし、喋らずに食べきるという太巻きの事です。
七福神にちなんで7つの具材で作る太巻きが主流です。
食べたことのない人もいるかもしれませんが、最近では恵方巻がコンビニやスーパーでも予約販売などを行っていて気軽に購入できることから、豆まきはせずに恵方巻だけを食べる人も増えています。
恵方巻の起源はかなりたくさんの数があってどれが本当なのかわかっていません。諸説あるのですが、一番古いものだと大正時代にお新香巻きを恵方を向いて食べてゲン担ぎをしていたそうです。1973年にはデパートで恵方巻として発売が開始されているので案外古くから行われていたようです。

今年の方角

恵方巻きは、その年の恵方(良いとされる方角)を向いて食べるとよいとされていますが、2019年の恵方は、東北東(更に言うと東北東やや東)になります。
その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん、とんどさん)のいる方角で、その方角に向かって事を行えば万事も吉とされています。
歳徳神のゆらいについても数多く諸説がありますが、とても美しい姫神で神秘的な力を持つと考えられていて、たたり神が寄ってこない方角とも呼ばれます。
方角の確認の仕方は、方位磁石・方位磁石アプリでもいいですが、恵方巻きコンパス・恵方マピオン・恵方コンパスという恵方専用のスマホアプリもありますので正確に計測したい人は使ってみてください。

変わり種恵方巻

恵方巻といえば7種の具材を巻いた太巻きが定番ですが、最近では変わった恵方巻も多く登場。
蟹の恵方巻
蟹尽くしで贅沢ですね。
金粉恵方巻
金粉恵方巻。キャビアが乗ったものや金銀の2本セットなど豪華VERは多く発売されています。特別な節分に?
サブウェイの恵方巻恵方サブ
サブウェイでも期間限定で恵方巻に見立てたサンドが発売されるようです。ご飯ものに飽きた人には良いのかも?
デザート恵方巻
実際はもはやロールケーキですが、ワッフルやクレープなど甘い恵方巻も多く見られます。甘党派には良いのでしょうか。

柊鰯(ひらぎいわし)

柊鰯
地域によって玄関先に飾る風習が今でも残っていて魚の鰯の頭をヒイラギの枝に刺したものを指します。
鰯(イワシ)は漢字にすると魚に弱いと書きますが、陸に揚げるとすぐに弱ってしまったり、死んでしまう事からそれがそのまま漢字になっています。
今では皆さん食べたことがあると思いますが、昔は身分の低いような人が食べる魚として知られていました。
ですが鰯は悪い魚ではなく、節分は魔よけの儀式を執り行っていたことが始まりだったと紹介をしましたが、当時は【弱い鰯を食べることで陰の気を消すことができる】とされていたので節分にはよく食べられていました。
また、魔よけには臭いがキツくて尖ったものが魔が嫌って寄せ付けないと信じられていたので、焼いた鰯の頭を枝にさして鬼を寄せ付けないようにしていたそうです。
さらにヒイラギの棘は鬼の目に刺さって退治をしてくれると言われていたのでヒイラギの枝にさした柊鰯を飾り付けていたんだそう。地域によって違いがあって静岡では臭いの強いニンニクやらっきょうを飾るお宅もあります。
柊鰯を飾ってみたい人は、ネットショッピングでも購入することが可能です。
飾り付ける期間も地域によって違いますので、飾り付ける場合には近い地域で検索してみてください。
また、処分の方法についてはお正月の飾り同様、お焚き上げにもっていって燃やしてもらうのがベストです。