皆さんこんにちは。本日も沢山のお申込みありがとうございました。
本日の当日融資は終了しました。当日の振り込みは15時までですが、お申込みの受付対応は18時まで受け付けていますので安心してお申込みください。翌営業日のお振込みとして対応させていただきます。

お金を扱う職種として、これからは皆様にお金に困らず生活していけることがもしかしたらできるかもしれない、お金についてのお話を投稿していこうかと思っていますが、今回は第一回。
身近なお財布について触れていきたいと思います。
最近は身体を刺すような寒さも感じられなくなり、立春も過ぎより一層と季節が春へと向かっていますが、春はお財布の買い替え時期として良いと言われます。

新春財布を知っているという人も多いと思いますが、春財布は『張る財布』と言って、春にお財布を新調することでお金を呼び込むことができるといわれています。
ということで本日は、まずは気持ちから、形から、お金が貯まる運気を呼び込む方法についてご紹介したいと思います。

お財布


まずは大定番の日々のお金の出口入り口となっているお財布からです。
日本風水では財布の色が金運の吉兆を決めると言われています。
お財布を良い環境に整えることでお金が喜んで収まりに来てくれるようになると考えられていて、実際に近くにお金持ちの人がいればお財布を覗いてみてください。きちんと整理整頓して綺麗に使っていると思います。
お財布は赤は火を連想させて燃える事を意味するから、赤字を意味するから駄目だとか、レシートや不要なものを溜め込んでいてはいけないだとか、諭吉は頭を下にして入れるだとか色々言われますが、逆さに入れると出てもいかないし入ってもいかないと言われますし、何が本当で何が良いのかいまいちピンとこないですよね。そんな方のためにより良いお金を呼び込むお財布事情を紹介します。
まず、お財布というのは全員がこの色やこんなお財布を持てばいい!なんていうことではなく、人それぞれ自分に合ったお財布というのがあります。
今から自分に合ったお財布の選び方について紹介します。

色別のお財布の意味

黄・金

金色や黄色はお金を引き寄せやすい色と言われたりしますが実際は、力が強すぎてあまり良いとされていません。
凄く悪いわけではないのですが、お金の出入りが激しく、通常の人であれば使いこなせないといった感じです。
お金が入っても来るけれど同じように出ても行くので自分の元に貯蓄したい人にはいい色とは言えません。
「収入を増やす、貯蓄をしたい」方には向かないお財布の色です。
起業してビジネスで売り上げが伸び悩んでいるなどの悩みがある人には良い色になりうるかもしれません。

上記は日本で言われることです。後に説明しますが中国の風水である五行で表すと木タイプの人に黄色と金色のお財布がピッタリです。

赤・オレンジ

赤は赤字などと言われますが、実際に火の色であってお金を燃やす色です。
お金の出入りが非常に激しい色です。あまり良くないと言われます。風水的には散財になります。
どうしても赤色のお財布が欲しい時には、お金回りに勢いが付くといわれるオレンジがおすすめになります。

上記は日本で言われることです。後に説明しますが中国の風水である五行で表すと水タイプの人に赤色のお財布がピッタリです。

茶色は金運においてとても良い作用があると考えられています。
蓄える、浪費を減らすのが茶色の持つ力ですが、金具が金色のものを選ぶと更に金運を引き寄せられるお財布になります。
茶色は自然界の土に属して考えられるため、植物を育て、鉱脈を蓄える気質を表すと言われます。

青は土から根生く植物をあらわしていて、いいように思えますがお金を生み出すが蓄えを放出すると言われていますのであまりよくありません。
水色は水を連想させるので水に流される色と言われます。

上記は日本で言われることです。後に説明しますが中国の風水である五行で表すと金タイプの人に青色のお財布がピッタリです。

占いでテレビでも有名なゲッターズ飯田さんがおすすめしている色です。
大きな金運を呼び込む力があるわけではないですが、着実に全ての運が伸びていく色と言われていて頑張れば頑張るほど、それに見合ったものがやってくる色といわれますので努力型の人には報われる色となりそうです。
万能なカラーに思えてしまうのですが、今あるお金が新しいお金を呼び込むので使ってもその分が手元に戻るともいわれますし、金運以外にも健康運もいいので精神を健やかに保てますし、恋愛運も向上させる色なので良縁を運ぶともいわれるそうです。

白色は浄化や清算を表す色で、お金面でマイナスな状態になっている人が持つと良い財布になります。
純白なので新たなお金が入ってきます。
白は汚れが目立つので綺麗に保つ必要があります。

「白」は汚れが目立つので、オールシーズン使い続けるのは厳しいと考えがちですが、手入れや掃除を心がけることで、清掃や整理整頓に関心が向き、物事を分類して考えることができるので、ビジネスの成功や人からの信用を得ることにもつながります。
「純白」を保つことで、常に新たな機会を手に入れる運気を引き寄せることにつながります。

上記は日本で言われることです。後に説明しますが中国の風水である五行で表すと火タイプの人に白色・銀色のお財布がピッタリです。

安定の黒色とも言われて、財産をしっかりと守ってくれる色です。色の意味は信頼を得たり、現状を保つという意味があります。
すでにあるお金の支出を抑える効果があると言われていますが定期的なお手入れが必要な色でもあります。
良いように思うかもしれませんが、収入を増やす、財産を増やすといった金運アップを呼び込むことにはつながりません。
現状に満足している人にはおすすめです。

ちなみに黒と白の間の色、グレーについては集めた富を留まらせるという意味があります。浪費を抑えたい人や旅行での無駄使い防止におすすめです。

上記は日本で言われることです。後に説明しますが中国の風水である五行で表すと土タイプの人に黒色のお財布がピッタリです。

ベージュ

ベージュは土属性の色。
そのため、お金を育てる性質があるのと出費を抑える茶色の力と引き寄せ貯める白の二つの良いところを併せ持った色でもありますので金運アップには最適と言われています。

収入を増やしてなおかつ蓄えられるカラーです。
ただしベージュ常に清潔にきれいに保つ必要があるので定期的にお手入れしてあげてください。

ピンク

日本では玉の輿に効く色ともいわれたりしますが、恋愛や出会いを通じて金運が高まるとされている色になります。
海外では歯茎や肌つやを意味することから健康運と言われたりもしますが、風水的に赤と白の調和色という位置にあったりもします。
全体的に悪いことはなく良好な人間関係からもたらされる財が舞い込んでくる色です。

男性の場合は金具をピンクゴールドのお財布を選ぶことによって、思ってもみなかった形で財産を増やすことにつながります。

日本は奈良時代、古代ヨーロッパ、中国でも紫色は染料が少量しか取れず希少であったために高貴な位に当たる人のみが身に着けることを許されてきたカラーという歴史を持っています。
現代ではそのことから風水では社会的なステータスを表す色で金運よりは出世運を引き寄せる色になっています。

昇給や出世を望む人におすすめです。

風水的に自分に合った色と素材の財布


風水といえば中国が発祥ですが、日本の風水は色々と元の説から捻じ曲げられたものが多いようで、本場の風水を参考にしてお財布を選ぶのが良いです。自分に欠けている要素を補える色を持つことによってお金がどんどん増えるような仕組みになっています。
自分で導き出すのは少々面倒になりますので生年月日を入力するだけで自分の五行がわかるサイトになりますので自分の五行を理解しましょう。
自分の五行を確認する

自分の五行で選ぶお財布

少し難しいですが、自分の五行の真逆の補えるカラーがそれぞれのラッキーカラーになります。

五行相生の法則

五行相生とは相手とともに生きるという意味です。

良い相性ということで相手を強める関係のことを言います。

木は火を強め、

火は土を強め、

土は金を強め、

金は水を強め、

水は土を強める。

この流れで人と付き合っていくと良い流れが生まれるのです。

つまり、一方の要素が他方の要素をサポートし生み出すサイクル。

五行の表す色と特徴

五行はそれぞれ色に例えられますが五行それぞれの自分が持っている色がこちらです。

◆木:青色

五行が木の人は飽きっぽい性格です。

それは土の安定という要素を支配し軽視しているため

◆火:赤色

五行が火の人は意固地でプライドを捨てきれません。

それは金の割り切りの良さという要素を支配し軽視しているため

◆土:黄色

五行が土の人は慎重な性格でチャンスを逃しやすい人。

それは水の臨機応変という要素を支配し軽視しているため

◆金:白色

五行が金の人はルールを守るのにうるさい人。

それは木の新しいことを始めるという要素を支配し軽視しているため

◆水:黒色

五行が水の人は予測不能な突発的な行動を起こす人。

それは火の物事の法則を考えるという要素を支配し軽視しているため

・・・つまり、

財気のカギはこの相克している要素にあります。

・木は、土の継続性を身に着けると金運の扉が開きます。

・火は、金の割り切りの良さを身に着けると簡単にお金が手に入ります。

・土は、水の臨機応変さを身に着けるとチャンスが莫大に増えます。

・金は、木の新しいことを始める力を身に着けると可能性が広がります。

・水は、火の物事の法則を考える力を身に着けると損することがなくなるでしょう。

このように自分に足りないものを補うことが金運を手にすることができる秘訣です。このことから持つべき色のお財布は・・・

◆木

→風水的に財布の色は黄色・ゴールド
→牛革の財布

◆火

→風水的に財布の色は白・シルバー
→蛇皮の財布

◆土

→風水的に財布の色は黒
→豚革の財布

◆金

→風水的に財布の色は青色
→あえて言うならワニ柄の財布

◆水

→風水的に財布の色は赤色
→羊革の財布

◆トータル的におすすめ
→ワニ柄

になります。これでお財布選びは完璧です。
あとは使い始める日にちです。

財布の使いはじめ


良いとされている日は『天赦日』『一粒万倍日』『寅の日』です。

『天赦日』

天赦日(てんしゃにち)は暦の上で最も吉日と言われる日です。
結婚・引越し・開業・出生届など新しいことを始めたり挑戦するには非常にいい日で、何をやっても良い方向へ進むと言われています。
新しいものを使い始める日としても良いとされているので、天赦日にお財布を新調すると金運アップも期待大です。
1年のうちに5~6日しかありません。

『一粒万倍日』

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは字のごとく、一粒のモミが万倍にも多くの稲穂に実る日で、昔から種まきに適した日と言われてきました。
「物事が何倍にも膨らむ」ことから「お金が何倍にも膨らむ」と考えられているため、この日にお財布を購入したり使い始めると良いとされています。
1円が1万倍だと1万円になりますね。
悪いことも同じで、逆に一粒万倍日に借金をすると借金が膨れ上がり返済するのに苦労することもあるともいわれますのでこの日は避けたほうが安パイかもしれません。

『寅の日』

12日ごとに巡ってくる寅の日も吉日とされています。
寅は「千里を行って千里を帰る」ことから俊敏な力を持つとされていて、寅の日に財布を買ったり使い始めると「使ったお金がすぐに戻ってくる」とか「お金を招いてくれる」とされていて金運アップが期待できる日とされています。
また黄色でシマ模様の虎は金運の象徴でもあるので、ゲン担いで寅の日に財布を新調する人も多いと言われています。
吉日の中でも一番金運に縁があるのが寅の日なので、宝くじを買う日にも人気があります。

2019年のラッキーデーが重なる日

【天赦日+一粒万倍日】不成就日×
1月27日(日)

【天赦日+寅の日】 ★★★
2月10日(日)

【寅の日+一粒万倍日】 ★★
3月6日(水)

【寅の日+一粒万倍日】 ★★
3月18日(月)

【寅の日+一粒万倍日】 ★★
3月30日(土)

【天赦日+寅の日】 ★★★
4月11日(木)

【天赦日+一粒万倍日】 ★★★
6月26日(水)

【天赦日+一粒万倍日+大安】不成就日×
9月8日(日)

【寅の日と一粒万倍日】 ★★
10月8日(火)

今回はお金を呼び込む・増やす・貯めこむことのできるお財布について紹介しましたがいかがだったでしょうか。
このためにとはいかないと思いますが、ちょうどお財布の買い替え期であった人は是非お財布選びの参考にしてみてください。
ちなみにお財布は風水では1000日が寿命とされていて、大体3年を目安に買い替えると良いと言われています。

綺麗に使う人はまだまだ綺麗かもしれませんが古くなるからではなく、お金を呼び込んだり溜め込んだりする力・効力が段々と無くなっていくからです。
3年以上同じお財布を使用している人は買い替えを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

次回はお財布以外のお金を呼び込む力について紹介したいと思います。